仕事

【仕事】嫌いな人にこそ挨拶を

2015/11/23

アルバイトや職場などに嫌いな人、苦手な人はいますでしょうか?そんな人にこそ愛想の良い挨拶をすると、いろいろとメリットがあるんです。

他人はあなたの行動をみている

人間関係のギスギスは、周りの人にも伝わっています。人に対して好き嫌いをしていると、気難しい人と思われる可能性があります。逆に、誰に対しても笑顔で挨拶をしていると、当然周りからの印象も良くなります。

0d8ee6c371902d77196ab3bc4c976bd8_s

必要以上に絡みを持つ必要は無い

とはいえ、苦手であれば必要以上に絡みを持つ必要はありません。不自然に話しかけても良いか関係を築くのは難しいですし、挨拶だけはするというのを心がげてみましょう。

嫌いな相手の行動も周りは見ている

関係が悪い場合、相手に原因がある場合もあります。そのような場合周りの人も同じように感じていたり、あなたの苦手だという意識に共感する人も多いかもしれません。しかし、苦手な人に対してそれなりの態度を続けていると、同類と思われてしまう危険性もあります。余裕を持って挨拶してみましょう。

一緒のチームになる可能性がある

たとえ嫌いな人でも、同じ部署に配属されるなど、共に行動しなければいけないケースというのは良くあります。そのようなときに、普段から挨拶だけでもしておくこと、関係の改善がスムーズになります。

思わぬ時に助けて貰えることも

あなたが苦手意識を持っていても、向こうがそのように考えているとは限りません。愛想の良い人と思われていると、思いがけず、困ったときなどに助けて貰えることもあります。

8b5ab5384015a1a3dc29ca0680470c40_s

スキルアップや昇進にも繋がる

人間関係が上手だと思われれば、チームのリーダーに任命されたり、仕事であればマネジメント能力があると評価される場合もあります。逆に、苦手な人が多いと思われていると、人の上に立つ存在にはなれません。

おわりに

人を変えるのは難しいけれど、自分は変われるとも言います。他人との関係改善には、自分から変えていこうという気持ちが一番の近道です。

-仕事