ミュージック

「今あいつらは何してる?」——神聖かまってちゃんの現在とその魅力とは

2015/11/16

神聖かまってちゃんと言えば、全国TSUTAYAにて無料レンタルCDを発表してその圧倒的な音楽性により一躍有名になったバンドである。「ロックンロールは鳴りやまないっ」というタイトルを聞けばわかる人は多いだろう。しかしそんな彼ら、ライブ活動は活発なもののやはりまだアンダーグラウンドシーンから抜け出せていないのではないかと思う。そこで今回は、現在の神聖かまってちゃんに迫っていこう。

 

4946枚限定シングル「フロントメモリー」がとにかくすごい

4月9日に神聖かまってちゃんは4946枚限定で「フロントメモリー」を発売した。さらにその記念として、天才シンガーとして名高い川本真琴とのコラボも実現させている。この曲を聴いてまず驚いたのが、サビの一瞬のメロディーで一曲分の良さを全て表現できているという点だ。もちろん、その独特のバンドサウンドや歌詞にも相変わらずセンスは感じるのだが、その一瞬のメロディーだけで十分と思わされる感動がそこにはあるのだ。動画で簡単に聴けるので是非そこを意識して確かめてほしい。

 

アナログなバンドサウンドの中でこそ光るピアノのメロディー

バンドサウンドの中に、特異な楽器(チェロ、バイオリンなど)の音を織り交ぜているバンドは少なくない。しかし、それらのバンドにほぼ間違いなく共通するのは、その特異な楽器がメインとして音全体を成り立たせているという点だ。不自然じゃなさすぎるのである。その一方で、神聖かまってちゃんはアナログでかつ決して整っているとは言えないサウンドの中でピアノのメロディーが不自然に目立っているのだ。ここでの不自然という言葉は決して悪い意味で使っているのではない。「ロックンロールは鳴りやまないっ」がイントロの時点で多くの人の心を掴んだ理由はその良い意味で不自然なピアノサウンドに答えがあるのではないかと思う。

-ミュージック
-, , , ,