結婚/プロポーズ

最短最速で結婚する方法【女性編】

2016/01/17

結婚する方法
出会った時に、その人と結婚するかどうかはほとんど決まっているというのはご存知でしょうか?誰かを好きになり、振り向いてもらおうと努力を重ねても、相手の気持ちを変えるのは非常に困難です。悲しい恋にならないために、素敵な結婚をするために、どうすれば良いのか具体的な方法をお伝えします。

本気で結婚したい人に向けて

結婚する方法
結婚をしたくても、なかなか結果に結びつかない人というのは努力の方向性が間違っていることが大半です。間違った恋愛、間違った婚活をいくら続けても結婚は出来ないのです。いくら沢山の人と出会っても、沢山の交際をしても、結婚出来るかどうかは別物です。

恋愛は野球に例えられる

方法
男性は良く女性の好みの具合を、「ストライクゾーンの女性だ」と言ったり、「ボール球だけど付き合ってみた」などと表現します。実際に野球に例えてみると分かりやすいので、女性をピッチャーの能力に当てはめてみましょう。

女性はピッチャー

見た目:コントロール
性格、エロさ:変化球
家庭的な要素:スタミナ

こんな感じに例えることが出来ます。
それぞれ見ていきましょう。

見た目

さて、ピッチャーとしてストライクゾーンに入れるための基本的な能力がコントロールです。女性で言うと見た目になりますが、まずは相手の男性のストライクゾーンに入ることが大切なのです。ここで言う見た目とは、顔の造形だけではなく、笑顔などの表情やファッション、髪型も含みます。まずは相手の男性に興味を持ってもらう事、打ちたいと思ってもらう事が大切なのです。

性格、エロさ

性格とエロさですが、どちらも見た目を補うことが出来る要素です。ボールからストライクゾーンに変化する球のように、第一印象が多少悪くても会話やセックスを通じて愛が深まる事は十分に考えられます。

家庭的な要素

男性は、相手の女性に家庭的な要素を見つけることが出来ないと、恋愛としてはOKでも結婚という感情には繋がりません。スタミナのある投手が球を投げ続けることが出来るように、繰り返し料理を振る舞ったり家庭的な姿を見せ続けることで、徐々に女性の事を必要不可欠な存在、結婚したい相手と考えるようになっていきます。

結婚するには

結婚
3つの要素に例えてみましたが、あなたの強み、弱みはなんでしょうか?実は結婚に至るには3つの要素は全て必要な要素なのです。結婚をしたいと考えるなら、長所を伸ばすよりも短所を補うほうが大切です。
例えば見た目は良いけど性格は悪い場合、付き合うことは出来てもなかなか結婚までは至りません。自分には何が足りないのかを考えて、意識する事で結婚出来る可能性はぐんと上がるのです。

また、見た目や性格は相手の好みや相性による部分も大きいので、出会いの回数を増やすことも大切です。

出会った時の印象で8割が決まる

方法
冒頭にも書きましたが、結婚まで至るかどうかは出会った時点でほぼ決まっています。

男性は付き合い始めた段階で、遊びの付き合いなのか、本気の結婚まで視野に入れた付き合いなのかが決まっていることが多いです。特にアラサー以降になってくるとその傾向は強くなります。

そのため結婚まで進むには、前述の3つの要素が出会いの段階で全て揃っていることが大切なのです。

人は変われる

結婚
3つの要素に問題があると思うなら改善すべきです。
見た目が駄目だと思うなら、メイクや髪型、服装などを研究しましょう。それだけでも随分と印象は変わります。
性格や、家庭的な要素については意識の持ちようで変えていく事ができます。

あとは出会い

出会いがなかなか無いという場合には、とにかく出会いの場へ出向くしか方法はありません。結婚相談所やお見合いパーティなど様々な方法があるので、自分に合ったものを探しましょう。

-結婚/プロポーズ