人生/生活

二日酔い:飲み会の前に出来る対処法

2015/11/28

二日酔いって辛いですよね。飲み過ぎないと決めていても、盛り上がった勢いでついつい飲み過ぎてしまったり。付き合いで断りきれずに飲んでしまったり。
この記事では、「飲み会の前に出来る対処法」を紹介していきます。

「二日酔いになってからの対処法」については、こちらの記事をご覧ください。
【辛い】起きたら二日酔い、簡単対処法

飲み会

飲み始める前に出来ること

二日酔いは事前にある程度の対策が出来ます。きちんと対策しておくことで、悪酔いを防いで長く楽しくお酒を飲むことが出来るので、軽視せず読んでみてください。

空腹を避ける

二日酔いの原因は様々ですが、アルコールの吸収はゆっくりの方が悪酔いしづらいです。一気に吸収してしまうと、血中アルコール濃度が高くなり、悪酔いや二日酔いの原因となります。
空腹を避けるといっても、特に効果が大きいのは脂肪を多く含む食品です。脂肪は吸収に時間がかかるため、アルコールの吸収速度も緩やかにしてくれます。
脂肪分の多い食品には、くるみや、マカダミアナッツがあります。

空腹

オリーブオイルは脂肪を多く含む

オリーブオイルドレッシングも、多く脂肪を含んでいます。
地中海の国々では、飲酒前にスプーン一杯のオリーブオイルを飲む習慣もあります。
飲み始める前にドレッシングのかかったサラダを食べておくのも良いでしょう。

オリーブオイル

カテキンも効果的

飲み会前に食べる時間がない場合や、ダイエットなどで脂肪を取りたくないという場合は緑茶を飲みましょう。カテキンには脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。

カテキン

ウコンは飲み会前が良い

今やすっかり二日酔い対策の定番となったウコンですが、飲むベストなタイミングは飲み会の前になります。
飲み会直後ならまだ間に合いますが、二日酔いになってからだとタイミングとしては遅いです。

飲みすぎないために

お酒を飲みすぎてしまう原因は様々で人それぞれですが、
・周りのペースに合わせてしまう
・上司や友人に勧められると飲んでしまう
・自分からグイグイ飲んでしまう
などが考えられます。
飲みたくないのに勧められやすい人は、事前にその旨を周りの人に伝えておいたり、他のお酒が苦手な人の近くに座るなどといった対策が考えられます。

飲むお酒の種類を考えておく

悪酔いしやすいお酒というのは、人によって相性があります。いつもと違うお酒にしたら飲みすぎたのに二日酔いにならなかったというのはよくある話です。そのため、自分の体に合ったお酒を知っておくのはとても良いことです。
また、お酒をちゃんぽんすると(色々な種類のお酒を飲むこと)飲むペースが上がったりすることから酔いやすくなります。
この辺りも考慮しながら飲むと、悪酔いや二日酔いになりづらくなります。

まとめ

事前の対策としては、飲み会前に軽く食べておくのが理想です。しかしなかなか時間が取れないという場合は、緑茶やウコンを飲むのがお勧めです。
楽しい場で悪酔いしないため、次の日の為に、体を労ってあげましょう。

-人生/生活