人生/生活

【辛い】起きたら二日酔い、簡単対処法

なってから後悔する二日酔い。辛い、もう飲みすぎない、と決めても油断したときにやってくるのが二日酔い。簡単にできる二日酔いの対処法を紹介していきます。

二日酔い

なお、飲み会の前に出来る対処法については、こちらの記事をご覧ください。
二日酔い:飲み会の前に出来る対処法

二日酔いになってしまったら

二日酔い症状が起こる原因は様々ですが、大抵の場合脱水症状や、アセトアルデヒドという有害物質が体内に残ってしまう事で引き起こされます。
それでは、具体的な対処法を見ていきましょう。

水分補給

脱水症状の改善や、体内のアルコール濃度を薄めるために効果的なのが水分補給です。普通の水道水やミネラルウォーターでも効果はありますが、スポーツドリンクのほうが、水分や栄養素を素早く補給してくれるため、脱水症状の素早い改善が期待できます。

果糖が二日酔いに効く

脱水症状という点でいえば、スポーツドリンクが優れているのですが、アセトアルデヒドの分解という効果を期待するならグレープフルーツジュースが一押しです。フルクトースという果糖やビタミンCには、このアセトアルデヒドの分解をサポートする働きがあります。また、グレープフルーツに含まれているクエン酸には、アルコールの代謝を促進する働きもあります。

グレープフルーツ

野菜であればトマトも有効であると言われています。果糖が含まれる他、アセトアルデヒドの作用を抑えるリコピンやグルタチオンが含まれています。
トマトが二日酔いに効くことは昔から知られており、レッドアイなどのトマトのお酒はこの効果が期待されたものだと言われています。
また、アセトアルデヒドの解毒にはしじみゴマなどが優れています。

トマト

汗をかく

水分補給はアルコール濃度を薄めてくれますが、汗や尿などで体内から排出することも大切です。そのため、お風呂に入って汗をかくとスッキリします。また、発汗作用という点で言うと、熱すぎるお湯よりも、ぬるま湯のほうが効果的であると言われています。ただし、汗をかくことで水分が失われると大変危険なので、実践する場合は必ず水分補給をしながら入浴してください。

入浴

おわりに

やはり水分補給は大切ですが、はきけやむかつきが強い場合には胃腸薬を飲むなどするのも良いでしょう。
また、ハイチオールシーはシミやそばかす対策で有名な薬ですが、これは肝機能に働くものであるため、二日酔いにも効果があります。

-人生/生活